お返しするにも何を返すのがいいか

お祝いをいただいたら、お返しをしなくてなりません。 これは、嬉しいと言えば嬉しいし、ちょっとめんどうといえばめんどうな作業でもありますよね。 しかし「ちょっとめんどう」と思うのはきっと「きちんとしたお返しをしなきゃ!」という気合のせいではないでしょうか。 もう少し肩の力を抜いて、気楽な気持ちでプレゼントを選ぶようにしたらきっと、めんどうな気持ちはなくなると思いますよ。 お返しにどんなものを贈るかということももちろん大切ですが、お祝いをいただいたらその前にまずはお礼の電話をしましょう。 もちろん、電話ではなくお礼状を書くなんていうのでもいいですよ。 まずは何よりも先にお礼の気持ちを伝えること!これが一番大切なことです。 お礼状も書きなれていないとなんとなく難しいもののように感じてしまうかもしれませんが、ハガキなどにさっと一筆程度で大丈夫です。 私は美術館に行った時や雑貨屋さんに行った時に可愛い絵葉書などを見つけた時に買ってストックしておき、何かあればそこからさっと選んでお礼状などを書くようにしています。 いまは気軽にメールなどで済ますこともできる時代ですが、だからこそ直筆のお礼状を送ると相手に気持ちがすごく伝わると思います。 文面などに悩むという人は、マナーのサイトなどで例文などを探すのも良いかもしれません。 ちょっとしたことで相手に喜んでもらえますので、習慣にしておくと良いですよ。 お返しに悩んでしまう人は、相手に自分をよく見せたいという気持ちが強いのかもしれません。 等身大の自分で、その時の素直な気持ちで考えるのが一番だと思います。 相手の顔を思い浮かべながら、あの人は何が好きだったかなとか、子どもが大きくなっただろうからアレが喜ぶかもしれない……等、考えていけばお返し選びは楽しいものになります。 身構えず、自分の素直な気持ちで相手の喜びそうなものをイメージしてみること。 これが、お返しの選び方として一番シンプルで良い方法だと思います。

ホームページ テンプレート フリー

Design by