節目にはお祝いってつきものでお返しも同じだ

人生の節目というのは、何度もあります。 それは成長した証ですし、自分の歩んできた道のりを示すものでもありますよね。 結婚したり、子どもが生まれたりすると、とくに「節目」というのはたくさんあります。 子どもに関するお祝い事というのは、本当にたくさんありますもんね。 それは、昔は、生まれた子どもがみんな丈夫に成長して生きていけたわけじゃない、そんな時代があったからこそ、子どもの成長を感謝し、お祝いするという習慣が多かったのだと思います。 いまの日本は高齢社会といわれるほど長寿になってはいますが、子どもの成長が嬉しいのはやはり変わりません。 いつの時代だって、子どもの成長は親の楽しみのひとつですよね。 今は子どもにいろいろなことが求められる時代ですし、親ももちろん子どもに期待はしていると思いますが、何より丈夫で元気、健康で育ってくれればそれだけで言うことはないと思います。 節目にお祝いをするのは、さまざまな理由があります。 もちろん、成長を喜ぶというのはありますが、それ以外にも願掛けや祈願と言った古来からのならわしなども理由になっています。 お祝いがあれば、周りの人ももちろん一緒にお祝いをすると思いますが、それだけでなく、必ずお返しもしますよね。 節目のお祝いがあれば、お返しもセットになってきますので、お祝いを招待するとその分だけお返しをすることも考えてお祝いに呼ぶことも大切です。 お祝いに来てくれる人に失礼にならないようにすることが大事ですよ。 お返しは何がいいか、悩む人も多いかもしれませんが、もしも人を呼んでするようなお祝いの場合には、まとめて事前に用意をしてしまうのも良いかもしれません。 お互いの関係性にもよりますが、フランクな関係であるなら、改めてではなくその場で今日はありがとうと帰りに渡すのも良いでしょう。 お祝いやお返しというのは、気持ちや気遣いですから、お互いが気持ち良く過ごせる方法を探すことが一番心地よくて良いと思います。

ホームページ テンプレート フリー

Design by